世の中の「ありなし」の「あり」の幅を広げたい。   ​

​   

   私やあなたが抱える様々な生きづらさが、

   アートの一つだとするならば

   アートには「こうあるべき」という姿はありません

   たとえ理解できなくても、とらえ方や解釈次第で

   世の中はもっと「あり」の幅が広がるはず。

          共感してもしなくても良い。

   足並みを揃えても揃えなくても良い。

   私もあなたも、ある意味、ありっちゃあり。

   そう思うのです

  

   余白を大切に。

   効率や体裁ばかりを気にしてしまいがちな生活の中に、

   あえて無駄な時間をつくりたい。

   

   時間を有効に使うための便利グッズや裏ワザ。

   それらに助けられながらも、

   窮屈さを感じている自分がいます。

   テレビを見ている時間や寝ている時間も、

    何とか有効に使いましょう」

        「早く早く、時間がもったいない」

          そう急かされているようで、窮屈だなぁと思うのです。

   忙しく過ごしていないことに、

   罪悪感を抱くことすらあります。

   意味のあることしかしてはいけないのだろうか。

   無駄な時間は悪なのだろうか。

   遊び心はどこにいったのだろうかそう思うのです。

   いつだって、ほどよい緊張感と、

   リラックスした無駄な時間、そしてちょっとした遊び心

   から新しいことは生まれると思っています。

   「ありなし」の「あり」の幅が広がり、

   鼻歌を歌って過ごせるような明日を願って、

   まずは今日、わたしたちから。

1
2
3