ある意味に到着するまで

 ー はじめまして。無駄をこよなく愛する「ある意味」代表・渡部直子の略歴です。ー

 

幼少期~中学生

 自分で言うが、スポーツも勉強も

 なかなかできる子。だけど、

 1番をとっても、嬉しいのにキツイ。

 順位にとらわれず楽しそうに

 生きている同級生を見て、

 「楽しんでいる人には敵わない」と思う。

高校生

 高校で1位じゃなくなりラクになる。

 でも1位になれない自分の価値とは?

 と悶々とし、不登校に。

 しかし楽しんでいる人には敵わないことを

 知っていたので、不登校を楽しむ。

 学校に行かない間は筋トレをしたり、

 漫画を描いたり、ポエムを書いたり、

 作曲をしたり、初めての彼氏ができたりと、

 忙しく過ごす。

 部活動にたまに顔を出し、柔道初段を取得。

高校卒業後

 進路に悩む。やりたいことはない。

 大学進学を勧める親への反抗心も相まって

 大学受験から逃亡。悲しむ両親。

 でもなんかかっこよさそうな、

 聞こえのいいことをしたい。

 留学しかない!英語は苦手だけどそれしかない。

 まずは米国留学科がある専門学校へ。

 結果、全然上達せず。

 現在も話せる英語は「Don't  touch me」くらい。

専門学校卒業後

 私のモチベーションを上げたいと目論む姉に

 誘われ、留学予定地のニューヨークへ下見に。

 夜ブルーノートに入り生演奏に感動。

 留学をやめ、夜は六本木のミュージックラウンジで

 シンガーとしてアルバイト。

 昼間は作業着を着てヘルメットをかぶり、

 遺跡発掘のアルバイト。

 ニューヨークまで下見に連れて行ってくれた姉、

 悲しむ。

駐屯地で事務員

 ニューヨークの裏切りから5年の沈黙を破り

 「地に足をつけよ」と諭す姉。

 自衛隊の駐屯地で事務員に。

 お金はないし規則正しい生活だけど楽しい。

 楽しいかどうかにお金はあまり関係ないと気づく。

出版社で企画営業

 不登校時にポエムを送り続けていた出版社の

 求人情報を発見する。しかし採用条件は大卒以上。

 でも入りたいので応募。入社決定!

 とある上司に「この会社にお前のことを好きな

 やつは一人もいない」と言われ、もう好かれる

 努力をしなくてもいいという事実に羽が生えたよう

 に心がラクになる。

第一子出産

 育休中である2017年に書き込み式フリーペーパー

 「ママの大事なノート」を創刊。

 その後職場復帰。

第二子出産

 育休中である2019年に、初対面の60歳の男性に

 相方として見染められ、M-1出場。

 一回戦敗退。残念。(悲しきM-1のレポート

 同年に「欲しがりません、好感度」の会を開催。

​ (「欲しがりません、好感度」の会レポート

 好評を得て「森のナイトカフェ」でも開催。

フリーランスか転職か

 細々とやってきたことが多忙になってくる。

 フリーランスになるか条件の良い企業に

 転職するか悩む。求人は出ていないものの

 鎌倉のあこがれの企業へ応募。

 出社は月に1回だと嬉しいということ、

 可能であればいっぱい給与が欲しいということ、

 何でもするということ、

 フットワークは軽い方だということ、

 以上のことを熱心に伝える。

 矛盾を見破られ不採用。

現在

 2020年4月よりフリーランスになる。

 なぜか夫が主夫となる。

 フリーペーパーの発行やイベントの企画運営、

 書籍の執筆サポート、小学生向け大学の教授、

 キャリア教育のゲスト講師、切り絵愛好家

 として幅広く活動。

 2021年より東京藝大が主宰する「アート×福祉」

 をテーマにした「アートと福祉プロジェクト」に

 参加。ありの幅を広げていく活動を本格的に開始。

133614862_2766041313645012_1073037468175
086-08B.png